スタッドレスタイヤおすすめランキングTOP5!購入する時のポイントと注意点

スタッドレスタイヤおすすめランキングTOP5!購入する時のポイントと注意点 タイヤ通販サイト

雪国に住んでいるのでなければ、それほど出番がないスタッドレスタイヤ。年に数日しか使わないという方も多いのではないでしょうか。

それほど使用頻度が多くないスタッドレスタイヤに何万円もかけるのはもったいないと感じるはず。そこでおすすめしたいのが、激安価格でスタッドレスタイヤを購入できる「タイヤ通販サイト」です。

このページでは、通販でスタッドレスタイヤを購入する魅力や注意点とともに、おすすめの通販サイトを15店舗厳選しました。また、タイヤ価格・送料・取付費用を合計したトータル費用が安い店舗を、ランキング形式でTOP5まで紹介します。
スタッドレスタイヤをできる限り安く購入したいと考えている方はぜひ参考にしてください。

スタッドレスタイヤ以外の通常のタイヤの通販は、「タイヤ通販おすすめ17店を比較|激安ショップでも失敗しないコツ」のページで紹介しています。

スタッドレスタイヤの通販15店の料金を比較

スタッドレスタイヤの通販15店の料金を比較

オートウェイ・マルゼン・フジコーポレーション・オートバックスネットショップなど人気のタイヤ通販サイト15店を調査し、スタッドレスタイヤの価格を調査した結果をご覧ください。

タイヤ通販
ショップ名
公式サイト 特徴 取扱いブランド 取付店の提携 スタッドレス
タイヤの
価格帯(約)
配送費用
(税込)
取付費用
(税込)
トータル
費用(約)
1.オートウェイ
公式サイト 累計販売2,700万本の
タイヤ通販大手。
スタッドレスタイヤは
輸入タイヤを中心に取り扱う
DUNLOP
BRIDGESTONE
NANKANG
DAVANTI
GOODYEAR
MOMOなど
あり 13,000円~128,000円
(31,960円)
無料 1,980円~2,970円/本 20,920円~139,880円
2.フジコーポレーション
公式サイト タイヤ用品に加え
飲料品や食品なども
幅広く扱うネットショップ。
DUNLOP
BRIDGESTONE
NANKANG
DAVANTI
GOODYEAR
MOMOなど
あり 7,600円~412,000円
(取扱なし)
0円~4,400円 0円~6,600円/本 7,600円~442,800円
3.タイヤサプライヤー
公式サイト 商品ラインアップ
9,000種類を誇り、
個人でも支店留めなら送料無料で
ショッピングが可能。
DUNLOP
BRIDGESTONE
YOKOHAMA
TOYOTIRES
GOODYEAR
MICHELINなど
なし 12,400円~207,600円
(20,400円)
500円/本
(法人は無料)
14,400円~209,600円
(取付料金別途要)
4.Tirehood(タイヤフッド)
公式サイト オートバックスのグループ企業が
運営するタイヤ通販サイト。
パンクあんしん保証が魅力。
DUNLOP
BRIDGESTONE
TOYOTIRE
YOKOHAMA
PIRELLIなど
あり 9,680円~175,000円
(18,480円)
1,100円/本 2,640円~6,160円/本 24,640円~204,040円
5.オートバックスネットショップ
公式サイト カー用品店大手である
オートバックスの公式通販サイト。
専売品タイヤも購入可能。
AUTOBACS
YOKOHAMA
MICHELIN
PIRELLI
KUMUHOTIREなど
あり 13,000円~348,000円
(取扱なし)
600円
(税込3,000円以上で無料)
店舗により異なる 13,000円~348,000円
(取付料金別途要)
6.カーポート・マルゼン
公式サイト テレビCMや雑誌で
高い知名度を誇るカー用品専門ショップ。
実店舗もあり。
GOODYEAR
BRIDGESTONE
YOKOHAMA
DUNLOP
FALKENなど
あり 15,000円~248,000円
(20,400円)
1,100円/本 2,530円~3,080円/本 25,560円~264,720円
7.タイヤショップ4u
公式サイト 石川県白山市のタイヤ
専門ショップで、
取り扱いメーカーが豊富なことが特徴。
マッドスター
BRIDGESTONE
MICHELIN
TOYOTIRES
DUNLOP
YOKOHAMAなど
なし 14,900円~160,000円
(37,600円)
550円/本
(法人もしくは
1本のみの購入は無料。
北海道・沖縄は
送料別途要。)
17,100円~162,200円
(取付料金別途要)
8.タイヤショップ ヒッツ
公式サイト 中古・新品タイヤを
取り扱う愛知県のショップ。
地元では20年以上の実績を持つ。
BRIDGESTONE
PIRELLI
DUNLOP
YOKOHAMA
Hankookなど
あり 34,100円~
(44,000円)
要問合せ 1,100円~4,400円/本 38,500円~
(送料別途要)
9.タイヤ激安王
公式サイト 17時までの注文であれば
当日発送というスピーディー
さが魅力。
DUNLOP
GOODYEAR
KENDATIRES
BRIDGESTONE
KINFOREST・VINMAXなど
なし 5,000円~67,000円
(取扱なし)
1,890円/本
(沖縄は2,890円/本)
12,560円~74,560円
(取付料金別途要)
10.タイヤ・ホイールカンパニー
公式サイト 鳥取県の整備工場が
運営するタイヤ通販サイト。
主に中古・新古品タイヤを販売。
BRIDGESTONE
TOYOTIRES
DUNLOP
YOKOHAMA
MICHELIN・PIRELLIなど
あり 14,000円~150,000円
(取扱なし)
無料
(沖縄・北海道・離島は要送料)
550円/本~ 16,200円~152,200円
11.タイヤワールド館・ベスト
公式サイト 東北で最大とも言われる
物流センターを持ち、
発送がスピーディーだと評判。
Continental
DUNLOP
TOYOTIRES
BRIDGESTONE
FALKEN・YOKOHAMAなど
あり 14,800円~296,000円
(23,760円)
550円/本
(2本以上で無料)
1,620円~/本 21,280円~302,480円
12.タイヤ市場通販部
公式サイト 全国に実店舗を持つ
「タイヤ市場」のタイヤ通販サイト。
国内ではあまり見かけない
タイヤも取り扱う。
MICHELIN
GOODYEAR
NIXENTIRE
ANDSAIL
BRIDGESTONEなど
あり 24,600円~89,000円
(取扱なし)
無料 1,760円~16,500円/本 31,640円~155,000円
13.Amazon
公式サイト 言わずとしれた大手通販サイト。
タイヤを購入すると
提携取付店でタイヤ交換ができる。
BRIDGESTONE
DUNLOP
PIRELLI
MICHELIN
YOKOHAMA
TOYOTIRESなど
あり 10,800円~270,000円
(22,244円)
無料 6,600円~8,448円 17,400円~278,448円
14.楽天市場
公式サイト さまざまな店舗が
一堂に会するECサイト。
新品はもちろん中古タイヤの
販売もあり。
DUNLOP
BRIDGESTONE
GOODRIDE
FALKENなど
あり 12,000円~242,000円
(20,720円~)
無料である場合が多い 4,000円~8,360円 16,000円~250,360円
15.Yahoo!ショッピング
公式サイト Yahoo!が運営する
ショッピングサイト。
送料無料のタイヤも数多く揃う。
DUNLOP
BRIDGESTONE
TOYOTIRES
GOODYEARなど
ショップによってあり 5,500円~1,000,000円
(20,000円~)
店舗により異なる 880円~2,100円/本 9,020円~
1,008,400円(送料別途要)

人気のスタッドレスタイヤであるBRIDGESTONEの「BLIZZAK VRX2 155/65R14 75Q」4本セットの販売価格も記載しましたので、安さ比較のための参考にしていただけるはずです。

タイヤ通販サイトでは送料や取付費用がさまざまに違いますが、おおむねトータル費用20,000~200,000円という格安価格でスタッドレスタイヤへと交換ができます。

スタッドレスタイヤの通販激安ランキングTOP5

スタッドレスタイヤの通販激安ランキングTOP5

スタッドレスタイヤを販売しているタイヤ通販サイトの中で、どのショップが最も安いのでしょうか?厳選した15のショップの中から、スタッドレスタイヤ購入のトータル費用が安い順番にランキング形式でTOP5をご紹介していきます。

ただし、送料が公式サイトに記載されていないショップと、提携取付店がなくタイヤ取付料金が別途必要なショップは明確なトータル費用がわかりませんのでTOP5から除外しました。

スタッドレスタイヤではない通常タイヤのおすすめランキングは「タイヤ通販おすすめ7店ランキング」で紹介しています。

No.1
フジコーポレーション|ホイールフィッティングルームでイメージがわかりやすい
フジコーポレーション」は、愛車の画像にホイール付きスタッドレスタイヤ4本セットの画像を当てはめて外観のシミュレーションができる「ホイールフィッティングルーム」がわかりやすいと評判です。

もちろん販売されているタイヤの種類も多く、スタッドレスタイヤホイールセットなら軽自動車用の14インチから普通車用の16インチ・18インチまで揃います。中古品のスタッドレスタイヤホイールセットは取り扱っていないものの、新品でありながら価格は中古タイヤ並に安いのが魅力です。

公式サイト:https://www.fujicorporation.com/

取扱い
スタッドレス
タイヤ
低価格な輸入タイヤも取り扱っているが、
一流ブランドのタイヤが安く販売されている
スタッドレス
タイヤの
価格帯(約)
7,600円~412,000円
配送費用
(税込)
0円~4,400円
取付費用
(税込)
0円~6,600円/本
トータル費用
(約)
7,600円~442,800円
No.2
タイヤ・ホイール カンパニー|送料無料で格安中古タイヤが手に入る!
「タイヤ・ホイール カンパニー」は、スタッドレスタイヤやホイールも含め、主に中古のタイヤを販売しています。中古のスタッドレスタイヤは13インチ・14インチ・15インチ・16インチ・17インチ・18インチで特に商品数が豊富ですが、19インチ以上となると品数が少ないことが注意点。

中古品としてのランクわけにより買取相場が違うようで、多少摩耗したスタッドレスタイヤでも構わないという方でしたら、驚くほど安い価格でタイヤを入手できるはずです。

取扱い
スタッドレス
タイヤ
中古品がメインなので、
一般的に出回っている。
主流メーカーの
タイヤが多め
スタッドレス
タイヤの
価格帯(約)
14,000円~150,000円
配送費用
(税込)
0円
取付費用
(税込)
550円/本~
トータル費用
(約)
16,200円~152,200円
No.3
Amazon|いつもの通販サイトでタイヤ交換の予約もOK!
言わずと知れた大手通販サイトである「Amazon」。実はスタッドレスタイヤなどを購入すると、注文時にタイヤ交換の予約もできて大変便利です。タイヤの配送先を取付店に指定することもできるので、タイヤを自宅で受け取り、取付店まで運ぶ…という手間もかかりません。

また、外部提携サイトでタイヤ交換をしてもらうこともでき、自宅近くの取付店を選びやすいところも魅力のひとつです。タイヤの販売価格も他のタイヤ通販サイトと引けを取らず、配送料無料でお得に購入できます。

取扱い
スタッドレス
タイヤ
主流ブランドの
スタッドレスタイヤが多く、
輸入タイヤはほぼない。
スタッドレス
タイヤの
価格帯(約)
10,800円~270,000円
配送費用
(税込)
0円
取付費用
(税込)
6,600円~8,448円
トータル費用
(約)
17,400円~278,448円
No.4
楽天市場|タイヤ購入で楽天ポイントも貯まる!
「楽天市場」でも「Amazon」と同じように、タイヤ購入と同時に取付店の予約もできる一気通貫のサービスを提供しています。さらに通常のお買い物と同じように、タイヤ購入で楽天ポイントが貯められる&使えることからさらにお得さがアップ。

ただし、出店しているショップにより条件が違うことに注意してください。中には、法人や運送会社営業所留めでしか利用できないショップがあったり、専用のタイヤ交換サービスを提供していたりするショップもあるのでよく確認してから購入しましょう。

取扱い
スタッドレス
タイヤ
輸入タイヤは
ほとんど売られておらず、
主流メーカーの
スタッドレスタイヤが多い。
スタッドレス
タイヤの
価格帯(約)
12,000円~242,000円
配送費用
(税込)
無料である場合が多い
取付費用
(税込)
4,000円~8,360円
トータル費用
(約)
16,000円~250,360円
No.5
オートウェイ|取り扱いメーカー数が豊富でレアなタイヤも選べる
オートウェイ」は累計販売本数2,700万本を誇るタイヤ通販の大手です。取り扱っているメーカー数が非常に多く、一般的なカーショップでは見かけられない輸入タイヤ・アジアンタイヤも販売しています。注文時には提携取付店でのタイヤ交換を予約することもでき、タイヤの送料は無料。重量物であるスタッドレスタイヤは送料が高くなりがちなので、送料がかからない分、他のショップよりもトータル費用を安く抑えられます。

公式サイト:https://www.autoway.jp/

取扱い
スタッドレス
タイヤ
低価格な輸入
タイヤが多く、
国産タイヤは少なめ
スタッドレス
タイヤの
価格帯(約)
13,000円~128,000円
配送費用
(税込)
0円
取付費用
(税込)
1,980円~2,970円/本
トータル費用
(約)
20,920円~139,880円

スタッドレスタイヤを通販で購入する4つのポイント

スタッドレスタイヤを通販で購入する4つのポイント

スタッドレスタイヤを安く購入できるショップを厳選して5つご紹介しましたが、スタッドレスタイヤを通販で購入する際にはポイントがあります。スタッドレスタイヤの購入を失敗しないように、次の4つのポイントを押さえておきましょう。

⇒タイヤ通販の注文~取付までの流れを知りたい方は、「タイヤ通販サイト利用の流れや料金内訳をレビュー」をお読みください。

ポイント1.スタッドレスタイヤは夏用タイヤと同じサイズを選ぼう

まずスタッドレスタイヤの選び方についてですが、夏用タイヤと同じサイズを選ぶのが基本です。グリップ力を重視する場合は細いタイヤの方が良い場合もありますが、タイヤ通販であわないスタッドレスタイヤを購入してしまうと、返品・返金などの手間とコストがかかってしまいます。

タイヤについてよほど詳しい方でなければ、夏用タイヤと同じサイズのスタッドレスタイヤを選びましょう。夏用タイヤのサイズを調べる場合は、下記のページを参考にしてください。

⇒タイヤサイズの見方を詳しく知りたい方は、「ポイント1.事前にタイヤのサイズやタイプを調べておく」をお読みください。

ポイント2.タイヤとホイールと一緒に買うと安心

スタッドレスタイヤを通販で購入する際の2つ目のポイントは、タイヤとホイールを一緒に買うことです。その理由は、夏タイヤに交換するときに、ホイールとタイヤを一緒に外して保管できるため。

タイヤとホイールが一緒になった状態だと保管がしやすく、タイヤが雨に濡れにくくなるので次の冬が来たときにも安心です。また、タイヤ単品・ホイール単品で購入するときに比べて、安い価格で揃えられることも魅力のひとつ。保管のしやすさ、価格の安さともにメリットがあるので、タイヤはホイールとセットで購入されることをおすすめします。

ポイント3.圧雪路を走るなら海外のスタッドレスタイヤ

圧雪された道を走るとふいにハンドルを取られることもあり危険なもの。もし圧雪路を走ることが多いなら、国産よりも海外製のスタッドレスタイヤを選ぶのがおすすめです。

なぜなら、海外のスタッドレスタイヤの方が高速に強く、圧雪路や雪の日の高速道路に向くと言われるため。特にヨーロッパ産の輸入タイヤは高速性能に優れるものが多いとされるので、通販でスタッドレスタイヤを購入するなら、輸入タイヤを中心に探してみてはいかがでしょうか。

ポイント4.凍結路を走るなら国産のスタッドレスタイヤ

圧雪路を走るなら輸入タイヤがおすすめですが、凍結路を走るなら輸入タイヤより国産のスタッドレスタイヤを選びましょう。その理由は、日本の雪は水分が多く凍結しやすいから。

ヨーロッパの雪の多い地域では日本ほど水分の多い雪が積もることは少なく、おまけにスパイクタイヤが許可されています。つまり、日本の雪道とは事情が違うのです。雪から溶け出した水分が凍結する日本特有の凍結路を走るなら、日本の雪道用として作られた国産スタッドレスタイヤの方が適しています。

スタッドレスタイヤは通販と店舗のどっち?比べてわかった通販の魅力と注意点

スタッドレスタイヤは通販と店舗のどっち?比べてわかった通販の魅力と注意点

スタッドレスタイヤは通販と店舗のどちらで購入するべきなのでしょうか?タイヤ通販・タイヤ専門店・カー用品店・ディーラーなどの選択肢がありますが、それぞれのメリットとデメリットについて比較しました。

メリット デメリット
タイヤ通販
  • 格安でタイヤが買える
  • 自宅でじっくりと店舗・商品を比べられる
  • 自分でタイヤを選ばないといけない
  • タイヤ交換まで約1週間かかる
タイヤ専門店
  • スタッフの知識・技術力が高くて安心できる
  • タイヤの選び方を相談できる
  • タイヤの価格が高め
  • 選べるメーカーに制限がある
カー用品店
  • タイヤの選び方を相談できる
  • 取り扱いメーカーや商品が豊富
  • 繁忙期は混雑する
  • スタッフにより知識や技術力に差がある
ディーラー
  • 愛車のすべてを任せられる
  • サポート体制が行き届いている
  • 料金が高め
  • タイヤをほぼ選べない

通販と実店舗にはそれぞれメリットもデメリットもありますが、「自分でタイヤを選びたい」「できるだけ安くスタッドレスタイヤに交換したい」という方なら通販が向いているでしょう。

それに対して、「スタッフさんと相談しながらスタッドレスタイヤを選びたい」「車のことはプロにおまかせしたい」という場合は店舗の方が向いています。ご自身がタイヤ交換に何を求めるのかを突き詰めていけば、どこでスタッドレスタイヤを購入するべきかわかってくるはずです。

通販でのスタッドレスタイヤ購入が人気である2つの理由

スタッドレスタイヤを店舗で購入した方がいいと言う方もいるでしょうが、通販にしかない魅力があります。カー用品店やタイヤ専門店、ディーラーにはない2つの理由について紹介します。

理由1.スタッドレスタイヤが格安で買える

通販の魅力といえば、なんと言ってもスタッドレスタイヤを激安価格で購入できること。実店舗と比べると、半額ほどの割引価格でスタッドレスタイヤが販売されていることもあるほどです。

タイヤ通販のサイトは実店舗がなく、店舗運営費がかかりません。テナント費用やスタッフの人件費、光熱費など…インターネットショップではさまざまな経費を削減できるため、その分スタッドレスタイヤの価格を安く抑えられます。

タイヤは決して安い買い物ではないので、できるだけタイヤ交換の費用を抑えたいという方にとって、通販は大変魅力的な存在に感じられるはずです。

理由2.気軽に他店のスタッドレスタイヤの価格を比べられる!

他店のスタッドレスタイヤの価格を気軽に比べられることも大きな魅力。たとえば、タイヤ専門店でスタッドレスタイヤを購入しようと思ったら、1日かけて複数の店舗を周らなくてはなりません。時間も労力もかかりますし、限られた時間の中で見て周れる店舗数にも限りがあるでしょう。

しかし通販であれば、自宅にいながら複数店舗のスタッドレスタイヤを次々と比較できます。実際に店舗に足を運ぶわけでもないので、労力も時間もかからず、簡単に最も安いスタッドレスタイヤを見つけることができるはず。
1店舗だけで決めたくない、他の店舗の商品も見ていちばん安いところで選びたいと考えるなら、タイヤ通販を利用するのがおすすめです。

スタッドレスタイヤの通販で気をつけるべき2つの注意点

大きな2つの魅力を持つ通販のスタッドレスタイヤですが、購入する際には注意するべきポイントもあります。初めて通販でスタッドレスタイヤを購入するなら、魅力やメリットだけでなく注意点も確認しておきましょう。

注意点1.タイヤサイズを調べないといけない

通販でスタッドレスタイヤを購入する際の最大の注意点は、タイヤサイズを自分で調べなければいけないことです。実店舗であれば、スタッフの方に相談すれば適切なサイズのタイヤを提案してもらえますが、通販では自分で選ばなければなりません。

選ぶスタッドレスタイヤのサイズを間違えると、装着できなくなってしまいます。事前に愛車のタイヤサイズを確認して、間違えないように購入するよう注意してください。

注意点2.自分で取付店を探さないといけない

2つ目の注意点は、自分で取付店を探さないといけない場合があることです。実店舗でスタッドレスタイヤを購入すれば、ほとんどの場合、その店舗でタイヤの交換まで行ってくれます。しかしタイヤ通販サイトの場合は、購入したスタッドレスタイヤを取り付けてくれる店舗を自分で探さなければいけないのです。

ただし、提携取付店のあるタイヤ通販サイトであれば別。タイヤ購入時に自宅近くの提携取付店でのタイヤ交換予約ができるサイトも多いので、通販サイトでスタッドレスタイヤを購入するなら、提携取付店のあるサイトを選ぶことをおすすめします。

スタッドレスタイヤの通販に関するQ&A

スタッドレスタイヤの通販に関するQ&A

スタッドレスタイヤを通販で購入することについて、よくある質問に答えていきます。多くの方が疑問に感じがちなことに答えていきますので、通販で後悔しないようぜひチェックしてください。

スタッドレスタイヤは普通のタイヤと何が違うの?
雪道や凍結した道を走るためのタイヤがスタッドレスタイヤです。

普通のタイヤ(サマータイヤ)はグリップ力が弱く、そのまま雪道や凍結路を走ると簡単にスリップしてしまいます。スタッドレスタイヤは使用するゴムの種類を変えることにより、普通のタイヤよりも高いグリップ力を実現するタイヤです。ゴムが雪や氷を掴むように走行するため、雪道や凍結路でもスリップしにくくなります。

スタッドレスタイヤの寿命はどれくらい?
通常の走行であればスタッドレスタイヤは3~4年が寿命とされています。

走り方や走る距離にもよりますが、通常の走行であればスタッドレスタイヤは3~4年ごとに交換した方が良いと言われています。スタッドレスタイヤは普通のタイヤよりもゴムを柔らかくして、雪や氷を捉えやすくする仕組みです。つまり、ゴムが硬くなってしまってはグリップ力が低くなり、雪道などでスリップしやすくなります。

そのため、ゴムが硬くなってくる可能性の高い3~4年後に買い換えるのが理想的。たとえスタッドレスタイヤの溝が残っていたとしても、早めに買い換えた方が安全性が高くなります。

通販のスタッドレスタイヤが値下がりする時期はいつ?
多くの場合で10月~11月頃に値下がりします。

多くのタイヤ専門店や通販サイトでは、10月~11月ごろに「早割」などのスタッドレスタイヤが安くなるキャンペーンを開催しています。「まだ早いかな?」と感じる時期ではあると思いますが、雪が降る前に購入したほうが安くスタッドレスタイヤを購入できるはず。早めの時期ならタイヤ交換作業が混み合うこともないでしょうから、取付店の予約も融通が効くでしょう。

スタッドレスタイヤの保管方法を教えて。
専門店で保管してもらう方法が最も安全でおすすめです。

スタッドレスタイヤをより良い状態で保管するなら、専門店で保管してもらう方法をおすすめです。カー用品店やタイヤ専門店では、オフシーズンのタイヤを預かってくれるサービスを提供している場合があります。専門店での管理であれば、スタッドレスタイヤの保管に適した環境が整えられているので、紫外線や熱でタイヤのゴムが弱ることも少なくなります。

もし自宅で保管する場合は、タイヤとホイールをセットした状態でタイヤカバーなどをかけて保管しましょう。ホイールをセットしたままにすれば、タイヤに直接雨水がかかることを防げます。その上でなるべく雨や日光の当たらず、気温が上がりすぎない場所で保管すると良い状態を保ちやすくなります。

サイト内の人気ページ
タイヤ通販おすすめ17店を比較|激安ショップでも失敗しないコツ
「なるべく安くタイヤを購入したい!」というとき、有力候補となるのがタイヤ通販。 タイヤ通販では安いタイヤがたくさん販売されていますが、「安すぎて品質が心配」「取り付け・交換費で結局高くなるのでは…」などの不安を抱く方もいるのではな...
オートウェイの評判や口コミは悪い?工賃や事件を調べて大丈夫なのか調査した
「タイヤが高い…」「できるだけ安くタイヤ交換をしたい…」と考えたとき、最もおすすめの方法はタイヤ通販を利用することです。特にオートウェイは安くて品質や対応が良く、タイヤ交換まで一貫してサポートしてくれるため高い人気を得ています。 ...
タイヤサプライヤーの評判・評価|送料無料で格安だけど大丈夫なの?
安い買い物ではないタイヤ。タイヤ通販を利用すればタイヤ本体の価格は安く抑えられますが、高額な送料を負担しなければならないのがネックです。しかし、タイヤサプライヤーなら、条件さえ満たせばどなたでも送料無料でタイヤを届けてもらうことができま...
Tirehood(タイヤフッド)の評判は?クーポン情報や実際に利用したレビューを紹介
「タイヤが激安!」と評判になっているタイヤ通販。一般的なカーショップよりも安くタイヤ購入できるのはうれしいですが、ネットだけでタイヤを決めることに不安を感じる方もいるようです。アジアンタイヤではなく国産メーカーのタイヤを安く購入したい、...
フジコーポレーションの評判は?工賃や値段が安い理由を解説
フジコーポレーションの特徴や注文方法、評判、実際にかかる金額について解説。私が実際にフジコーポレーションでタイヤを購入して実店舗で交換してもらった際のレビューも交えながら、フジコーポレーションについて掘り下げていきます。 タイヤ通...
タイトルとURLをコピーしました